法律的な問題も多くなる車金融からの借金には注意

法律的な問題も多くなる車金融からの借金には注意

MENU

車金融の必要書類とは

車金融は、今乗っている車を担保にお金を貸し出すヤミ金の一種ですが、ヤミ金だからと言って手続きがいい加減というわけではありません。

 

特に取り扱っている商品が車であり、財産価値としても認められている上に手続きや権利関係もいろいろと複雑なため、車金融での融資の際には各種書類が欠かせません。

 

 

車本体の書類

車金融には仮審査と本審査の2種類の審査が用意されており、仮審査は電話でも可能ですが、本審査は実際に車を持って来店しなければなりません。

 

仮審査では特に必要となる書類がないのですが、電話口で査定に必要な情報を正確に伝えるためにも車検証は手元に置いた方がいいでしょう。

 

そして本審査の段階では、車とともに必要書類を持って来店するのですが、まずは車本体の書類が必要となります。

 

仮審査の段階でも必要書類に挙げた車検証ですが、もちろん本審査の段階でも必要となります。車検証はコピーではなく原本を用意しなければなりませんので、かなり注意が必要です。

 

また、車関係の書類といえば他には自賠責保険の証書が必要になりますが、これもコピーではなく原本が必要となります。

 

それ以外の車関係の書類といえば、自動車税の納税証明書や任意保険の証書などが挙げられますが、これは車金融でお金を借りる際には特に必要とはされていませんので、自分で保管しておきましょう。

 

手続きで必要な書類

車金融によっては、名義変更を要請する会社もあり、名義変更のためには印鑑証明書と実印が必要となります。名義変更の書類や委任状に押印をしなければなりませんので、実印を持っていない人は作っておく必要があります。

 

リース名目で乗ったまま融資を受けるためには必須条件です。

 

本人を証明する書類

そして最後に必要となるのが、本人の様々な項目を証明するための書類です。まずは身分証明書ですが、原則として運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかが必要となります。

 

そして収入証明書ですが、車金融でお金を借りる際にも返済をするためにはその原資となる収入を確認しなければなりません。サラリーマンの方でしたら源泉徴収票で十分ですし、自営業者や個人事業主は確定申告書や住民税などの納税証明書を持っておくといいでしょう。

 

ちなみに収入がない専業主婦でも車金融は利用可能ですが、上記の書類に加えて配偶者の収入証明書なども準備しなければなりません。これらの書類を揃えれば、手続き自体はヤミ金である車金融業者が行います。

 

通常の少額融資の闇金と比べると手続きが面倒なのが車金融の闇金の特徴となります。担保ともいえる車の価値の分だけお金を貸してくるので便利に感じますが、実際には請求される利息が法外なものとなるなど、被害も多く出ています。

 

車金融の中には正規業者も存在しているので、利用をするなら正規の業者からとすべきです。お金に困って闇金から借りてしまった場合には、とにかく早めに返せない借金相談を行いましょう。

 

闇金融の業者に対する貸し付け

闇金融業者から借り入れた場合、法外な利率を設定されます。貸し出し時は出資法の制限を守らなければならず、年利20%を超える内容は違法です。また脅迫的行為による返済催促も刑事罰の対象となります。

 

闇金融業者と関わり合いをもつのは、一般消費者だけではありません。たしかに一個人を相手に貸し付けるケースは多いですが、業者を相手に貸し付けるケースも少なくありません。近年は業者が被害者となるケースが増加傾向にあります。悪徳業者の一般業者に対する貸し付けは、システム金融と呼ばれています。

 

システム金融では、事業資金目的の貸し付けが一般的です。その際は、手形や小切手などを担保に設定する様要求されます。もちろん返済時は、高額な利息を付加した上で請求してきます。手形や小切手の不渡りを恐れるあまり、やむをえず返済請求に乗ってしまうのです。その勧誘は電話で直接実施するのが典型的です。

 

システム金融の場合には、闇金融業者同士が組織されているのが特徴です。一社が貸し付けその返済が困難になったところで、また別の業者が登場します。そこで登場する業者とそれまでの業者は裏でつながっており、根こそぎ資金をむしり取ろうとするのです。

 

この様なケースでは、相手は一社だけではないため、より慎重に行動する必要があります。

 

ここまで来ると解決をするにも厄介な問題となってしまうため、専門家の弁護士や司法書士のもとで相談をした方が早くて安心安全です。相談自体は無料で行えるようにもなっているので、闇金からの借金でお困りの方は闇金で困った場合の相談としてネット上から進めてみましょう。