自動車保険料支払い

法律的な問題も多くなる車金融からの借金には注意

MENU

自動車保険料支払い

自動車にのあっていると何かとお金がかかりますが、その一つが保険です。日本では、全ての車に自賠責保険に加入する義務があり、自賠責保険に加入していないと車検を受けさせてもらえません。

 

自賠責保険だけですと万が一の際の補償に不安がありますので、ほとんどの方が別途任意保険にも加入しています。

 

ところで、自動車を担保として預けることでお金を貸してくれるヤミ金、車金融をご存知でしょうか。車金融に車を預けている間、自賠責保険と任意保険の支払いはどうなるのでしょうか。

 

自賠責保険の支払い

車金融にお金を借りる際には、車検証とともに自賠責保険の証書も預けますが、その際にほとんどの業者では名義人を車金融名義に変更します。これならば、自賠責保険の請求は車金融に行くことになり、確かに自賠責保険の保険会社から車金融に保険金支払いのお願いが来ます。

 

そこで車金融はその郵便を利用者に転送して、支払いをお願いするのです。

 

任意保険の支払い

自賠責保険とは異なり、任意保険は車金融も名義変更はしません、というか名義変更の必要がありません。自賠責保険は「車」を対象、任意保険は「人」を対象としており、車の名義人が誰かは任意保険では関係ないからです。

 

というわけで、任意保険は特に変わらずそのまま利用者が支払います。

 

無担保で借りられるカードローンキャッシングとは様々な点が異なるため、返済に困った際にも問題が出る点が異なります。通常の借金とも言えるクレジットカードの借金が返せない場合とも違った問題となるのです。